携帯端末からも「最新作」をご覧いただけます

2018年1月21日日曜日

二月の地蔵橋



落合川(東久留米市)の右岸,川原が広くなっているこの辺りは,
旧河川の跡になっているようだ。水際まで降りてから,下流の
地蔵橋の風景を描いてみた。これから三寒四温を繰り返しがら,
日が長くなり少しずつ春に向かっていく。



2017.2.6.-2018.1.21.  P6  ダーマートグラフ   透明水彩

2018年1月18日木曜日

駅前の紅葉

東久留米駅東口
杏の紅葉は,この辺りでは12月に入って本格的になる。
40数年ほど前,初めて駅に降りた頃は,北側に改札口が
一つあるだけの

小さな駅だった。ホームも一つで,上りの線路を跨ぐように通路があり,
その上を歩いて駅舎に入るような作りだった。バスも駅前から客を乗せ
西武線の踏切を越えて小金井方面に向かっていた。
その頃の駅舎の姿が懐かしいが,現在では開発が進んで
昔の面影は,

ほとんど残ってない。
古い通りや神社など駅の回りを歩いてみると,何か懐かしい。

2017.12.03.-2018.1.18.  P6  ダーマートグラフ  透明水彩



2018年1月14日日曜日

稲荷橋下流(黒目川)

黒目川(東久留米市)の右岸より上流の稲荷橋を見る。
六月の梅雨の晴れ間に出かけた時の風景。

2017.6.25.-2018.1.14.   P6  ダーマートグラフ  透明水彩

2018年1月12日金曜日

門前大橋

門前大橋(黒目川)
黒目川の右岸より下流の門前大橋を見る。大橋のあたりは建物が増えて
だいぶ変わったが,黒目川の川筋は昔の儘のようだ。

11.6.2017.-12.01.2018.  P6       ダーマートグラフ  透明水彩




弁天堀橋と鉄道橋

黒目川と鉄道橋
黒目川(東久留米市)に架かる下田橋から,下流の西武池袋線鉄道橋と
下側に見える弁天堀橋の風景を描く。右岸に釣り糸を垂れる人の姿。
見ている間に小さなオイカワを釣り上げる。

10.11.2017-10.01.2018.  P6 ダーマートグラフ  透明水彩


2018年1月9日火曜日

晩夏の弁天堀橋

晩夏の弁天堀橋





東久留米駅の北口から歩いて3分ほどのころに黒目川に架かる弁天堀橋がある。

川の右岸から,橋をはさんで対岸奥を見た風景。頭上には西武池袋線の鉄橋が

あって,電車の通り過ぎる音が聞こえてくる。


2017.9.5.-2018.1.9.  P6   ダーマートグラフ

2018年1月5日金曜日

雨の平林寺

雨の平林寺

スケッチの会で,埼玉県新座市の平林寺に出かける。
あいにくの雨で,10月はじめとは思えないほどの寒さの
中で,建物の屋根の下から平林寺の総門を描く。
参拝する人もなく,時々,寺の僧が通り過ぎていくのを
見るだけだ。


2017.10.17.-2018.1.5.   P6
ダーマートグラフ  透明水彩

四月の落合川

四月の落合川(南沢・宮下橋)



2016.4.6.-2018.1.5.   P6  ダーマートグラフ  水彩  

東久留米の南沢にある氷川神社の北側を流れる「落合川」の4月初めの風景